このページでは、Javascriptを使用しています

金曜時評


現在位置:トップページ> 金曜時評> 記事


安全高める議論を - 編集委員 増山 和樹

2016年4月8日 奈良新聞

 県教育委員会は先月、県内の公私立学校の運動会(体育大会)で平成27年度に起きた組み体操の事故について明らかにした。28校で練習中の事故が発生し、11人が骨折していた。重い数字である。

 組み体操は運動会の花形だが、県外では過去に死亡事故も起きている。実施の目的と安全について、現場の議論を深める時だろう。連帯感や達成感は高さを競わなくても味わえる。

 組み体操は学習指導要領に定められた時期もあったが、昭和30年代に姿を消した。学校行事として続いてきた背景には、児童・生徒はもちろん、地域住民の期待もあるという。注目が集まるメーン種目だけに、校長が見直しにかじを切りにくい側面もあったようだ。

 組み体操の中でも、「ピラミッド」と「タワー」はとりわけ事故が多い。今回の調査で骨折の11人はいずれもこの2種目だった。子どもが四つんばいになって積み重なる「ピラミッド」は8段が小・中学校で各1校、7段も小学校28校、中学校4校が挑戦していた。肩に立つ「タワー」は5段の小学校が5校あった。

 完成すれば児童・生徒の感動は大きいだろうが、取り返しのつかない事故が起きる危険も大きい。教員が何人ついていようと、高く積み上げた子どもが崩れ始めたら手の施しようがない。県教委保健体育課は「命にかかわる大きな事故が起きてからでは遅い。補助者がきちんと補助できる種目、練習時に十分な安全性を確保できる種目で行うべき」と話し、4月中旬までに県教委としての考えを示す方針だ。 

 小・中学校の組み体操実施は学校や市町村教委の判断で、県教委が踏み込むのはまれなようだが、現場の議論を深める狙いがある。期待を背負う校長も動きやすくなるだろう。

 跳び箱運動などでも骨折は多く、必要以上に安全にこだわるのは運動会の趣旨をそぐが、組み体操には安全性の高い種目もある。安全を犠牲にしてまで「ピラミッド」「タワー」にこだわる教育的意義は見えてこない。両手を広げた状態であお向けに転落▽1メートルの高さから転落し頭部を強打▽転落した生徒の上に別の生徒が転落―。スポーツ庁がまとめた組み体操の死亡例だ。大人に同じことができるだろうか。

 子どもの安全をみんなで考える。「先延ばしにせず、今やろうということ」。県教委の言葉に同感である。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

高齢化対応など柱 - 県国土利用計画[2018.02.20]

春色ちらほら - 大和郡山のツバキ園写真付き記事[2018.02.20]

再公募、提案書1件 - 奈良市新斎苑[2018.02.20]

中央アジアで製作か - 中国・遼王妃墓のガラス器/25日、橿考研で成果報告写真付き記事[2018.02.20]

多様な文化知って - ウガンダでの活動語る/生駒市立緑ケ丘中で鰐淵さん講演写真付き記事[2018.02.20]

多彩なタンゴ演奏 - 歌や詩の朗読の演出も写真付き記事[2018.02.20]

各企業が特長アピール - NARAジョブフェアに学生ら350人写真付き記事[2018.02.20]

政治学校 休眠続く - 再開準備も未着手/自民県連[2018.02.19]

特大いちご春の味 - 橿原の農園収穫ピーク写真付き記事[2018.02.19]

日干番茶で町おこし - 町商工会有志が製品化写真付き記事[2018.02.19]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ