このページでは、Javascriptを使用しています

金曜時評


現在位置:トップページ> 金曜時評> 記事


高齢者の外出促進 - 編集委員 辻 恵介

2016年3月18日 奈良新聞

 長崎市で、路上の階段の上り下りを助ける「電動てすり」の実証実験が行われているという話を聞いた。既存のガードレール状の手すりに沿って、コの字を下に向けたような形状のパイプが動くもので、買い物袋を引っ掛けて運ぶことも可能で、高齢者らに好評のようだ。同市は2016年度には、現在の全長約13メートルを倍以上に延長する方針だ。

 若者は坂の上の暮らしを避け、足腰が弱った高齢者も平地へ降り、空き家も目立つようだ。坂の街らしい住民対策で、高齢者の外出促進も狙っているという。

 さて地元に目を転ずれば、県をはじめ、各市町村の予算(案)が、ほぼ出そろった。吉野町では「デマンドタクシーの充実」が盛り込まれた。隣の大淀町では4月4日から、デマンド型乗合タクシー(よどりタクシー)が運行を始める予定という。1回200円の有料運行だが、高齢者らの通院や買い物の強い味方になってくれそうだ。

 3月10日の県議会一般質問では、田中惟允議員(自民)が、タクシー事業者と連携してスマートフォンなどのICT(情報通信技術)を活用した新交通サービスを実現すべきだ、と要望。これに対して荒井知事は「過疎化が進む地域での移動手段確保の面で、ICTの活用が重要」と答弁した。

 知事は、県南部で高齢者に実験的に配布を予定している「健康スマホ」に「交通スマホ」を加えるなど、積極的に検討していく姿勢を示した、という。

 近ごろテレビCMなどでも話題の「ICT」だが、優先順位をつけて必要とされている分野から取り組むのがベストだろう。

 前日9日の一般質問では、佐藤光紀議員(なら維新の会)が「県の教育ICT(情報通信技術)に関するハード、ソフト両面の整備が全国の都道府県で最も遅れている」と指摘した。知事は「教育ICTは重要だが、ICTだけで教育が行われる訳ではない。ヒューマンな部分なども大事」と答えていた。これも1つの見識だろう。

 安倍首相は「一億総活躍社会」の実現を掲げているが、その前提の一つとして、高齢者が積極的に外に出て社会参加し、買い物にも行けるような暮らしができるようにしていく必要がある。そのためにも“足”の確保は重要だ。

 冒頭の長崎の話ではないが、それぞれの地域において現時点で何が一番必要なのかをよく考えてほしい。なおかつ、長期的な視点に立った高齢者対策を望みたい。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

「合併施行方式」で - 京奈和道整備[2017.07.26]

万葉人に思い重ね - 藤原宮跡、ハス見頃写真付き記事[2017.07.26]

「藤間家住宅」修復へ - 無人で老朽化、倒壊の危険性写真付き記事[2017.07.26]

未来の“匠”仕事体験 - 県内高校生、技術学ぶ写真付き記事[2017.07.26]

楽しく生活習慣を - 県教委「元気なならっ子約束運動」始まる写真付き記事[2017.07.26]

周辺状況更新が重要 - 車の自動走行を考察/学研都市の「エジソンの会」写真付き記事[2017.07.26]

大久保、決勝満塁弾 - 第99回全国高校野球選手権奈良大会 準々決勝写真付き記事[2017.07.26]

組織刷新求める声 - 後任人事は難航か/自民県連[2017.07.25]

ウナギで元気 - きょう土用の丑写真付き記事[2017.07.25]

「幻の大寺院」実像を感じて - 来年、発見から10年で/奈教大で常設展示写真付き記事[2017.07.25]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ